2017/08

<< August 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


LINKS

 

 

LATEST ENTRIES

 

CATEGORIES

 

ARCHIVES

 

RECENT COMMENT

 

RECENT TRACKBACK

 

Mobile
qrcode

 

ADMIN

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • -
  • -
  • -
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト


あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

新年5日にもなってこのタイトルで書く人も珍しいと思いますが。
年末年始は何事も無く過ぎました。

今更のご報告ですが、大晦日に先日のライブで長崎からおいでになったしゅんすけさんから頂いた長崎土産を、年越しラーメンということで頂きました。

 

やまやのあごだし。
最近は関東地方でもあごぶしを使う店が沢山あるようです。もうブームは去ったかも。
魚感は煮干と鰹節のあいだ位で、ちょうどいい感じです!

三九ラーメンのとんこつ。
濃い目に作ったら、かなりこってりしたとんこつになりました。結構好みの味です!

ご当地プリッツもマルタイラーメン味だったので、ラーメン尽くし。
 
ウマかったです。ごちそうさまでしたm(_ _)m

 


次回のライブと諸々お知らせ

あまりブログを更新しないLaguna ナカヤマです。

12/18 ライブにお越しくださったみなさま、ありがとうございましたm(_ _)m
早いものでもう今年もあと5日でおわり。
去年の今頃は、ネックが折れてしまったギターをどうするか悩んでいたっけ・・。

次回は2011/1/29(土)@新宿たかのや。
まだ全然決めていませんが、12/18 にやらなかった曲だけでやる意向です。
最近同じ曲が続きがちだったので、しばらくやっていないものを。

ただ、Laguna は長い曲が多いので、出番30分だと選べる曲が限られちゃうんですよね。
この点、外会場だと持ち時間が長いので、なんでもできるんですが。
ちなみに思いついたものを合計したら、4曲でほぼ30分いってしまいました…。
また考えます。

さて、JUGEMですが、夜9:00〜11:00 くらいは、まったく編集ページに繋がりません。
せっかく滅多に更新しないものをしようとしても、大概これに阻まれてしまいます。
ツルさんはアメブロに移籍するみたいですが、
自分は変えるのも面倒なので、夜書かないようにします。

それと、laguna-net.com を置いているレンタルサーバー。
今までは問題なかったんですが、こちらもやはり夜9:00〜11:00 くらいに全く繋がらなく
なることが非常に多くなりました。
多分10月くらいからかと思うんですが、メンテナンス情報によれば、メンテとかトラブルというよりも、単純にその時間帯に高負荷トラフィックがあるもよう。
こうなった時期から考えると、同じサーバーに、この時間に更新するクーポンサイトでもできたかなと睨んでいます。
ということで、おなじ業者の違うサーバーに引越しをすることに。年末にでもやります。

では1/29(土)お楽しみに!!
 



珍しく日常を

本屋に行きたく、某ショッピングセンターに寄りました。
夕飯はフードコートの福泰酒家っていうSCによくあるチェーン店で。

チョイスラーメンとチョイスミニ丼(五目麺と麻婆丼をチョイス)のセットで690円。
安くて量が多くてよい!が、



ラーメンあるんで、スープいらないです・・・
(全部食べましたが)


久々の人前

ツルさんのブログでご存知の方も多いと思いますが、
1曲だけですが、結婚式に出演して演奏します。
このお式のために作らせて頂いた新曲です。

披露宴での演奏は初めてではないですが、ライブとはまた違う雰囲気で緊張します。
式場だとモニタースピーカーは無いのが普通なので、オケをかける我々としては、
意外に難しいものなんですよ。特に歌は。

思えば、今まで相当いろんな場所でライブをしてきたなーと思います。
猛暑の日も指が動かないほど寒い日も雨の日も風の日も、
現地入りした後PAさんがいないことを知り、
お客様にも協力してもらって、自前でなんとかやったこともありました。
もはやどこでもできます、という感じですね(どこでもやりますとは言いませんが)。
最近はライブハウスばかりで、大分楽をさせてもらっています。


全然話変わりますが、
2018、2022 のワールドカップが、それぞれロシア、カタールで開催されることが決定しました。
この報せに、正直かなりがっかりです・・・。
今年の話でも触れたかもしれませんが、ワールドカップの醍醐味のひとつは、
やはり名スタジアムが試合会場として使用されることにあると思っています。

南アフリカはその点、全くダメだったわけで、次回ブラジルは良いですが、
少なくともその12年後までその種の楽しみが味わえないことになってしまいました。
ワールドカップは独特の雰囲気があるので(テレビ観戦するときのはなしですが)、
会場となるスタジアムに、国内リーグ戦やCL、ELなどで使用される場合とは
また違った魅力を必ず発見できるものです。

ロシア、カタールでは南アと同様、これが無い。残念だなぁ・・。
もっとも、日本でやってもこれ無いですけどね。それはそれで。


ということで、かなり脱線してしまいましたが、明日は心を込めて演奏してきます!!


次回のライブは

 しばらくぶりです。

突然ですが、次回のライブ12/18(土)@新宿LIVEたかのや
は、今年最後ということで(今年はあまり活動できませんでしたが)、
1年を振り返るということで、春夏秋冬をテーマにした曲順でやることにしました。

こういう何かテーマを決めてやることは滅多にないことです。
単なる思いつきです。

ところで、めまい問題ですが、ずっと続々・・というタイトルをつけていたので、
お気づきでない方が結構いらっしゃったみたいですが、ほぼ治ってます。

一回完治したか?というところまでいったんですが、最近また少しなってしまいました。
最悪の状態を100 とすると、いっとき3 になったのが、いま7 くらいでしょうか。
生活に支障をきたすほどではないので、大丈夫です!

ということで、12/18、ということで、皆様のご来場をお待ちしておりますm(_ _)m

 



めまい続続々報

余りに突然で気づくまで丸一日掛かったのですが、
めまいほぼ治りました。突然。
完全にではないんですが、95%はきてる印象です。。

10/23の朝はなっていたので、その日の日中に治ったみたいですねー。
10/24の朝気づきました。

ということで、2ヶ月近く掛かってしまいましたが、今はほぼ大丈夫です!
いやー、一体なんだったんでしょうね・・・。

本当、ご心配をお掛けしましたm(_ _)m
皆様、色々ありがとうございました!


JUGEMテーマ:めまい 立ちくらみ
 



めまい続々報

お久しぶりです。

めまいですが、やはり治ってません。
激しくはないですが、相変わらず回転性のめまいはおきます。

加えて、一定の角度にならなくてもフラフラしっぱなしのめまいが併発しました。
9/26〜五日間は生きた心地がせず、呼吸してるだけでやっとみたいな状態で、
かなり参りましたが(例えるなら、40度の熱があるときのフラフラ感で、毎晩徹夜したような感じ)、今はこっちはほぼ収まりました。まだ右耳はボーンとして少し痛いですが。
この件で医者行ったら「疲れてるだけ」というお決まりの話。2,730円返せって感じですよまったく。

もう1ヶ月になりますが、初めてでこれだけ長期間なる人はあんまりいないらしいです。毎日ほぼ座りっぱなしで頭が動かないのが良くないのかもしれません。といってもどうすることも出来ませんが。

そのうち治るだろうと思い、深刻になったりはしてません。
ただギターを立って弾くのは心配。


JUGEMテーマ:めまい 立ちくらみ
 


めまい続報

良性発作性頭位めまい症発症から1週間と1日経過しました。
残念ながら治ってはいないです・・・。
ただ、例のバットでグルグル回ったときのような、
非常に激しい回転性めまいは起きなくなりました。

それと、必ずめまいの発生する角度を完全に把握したので、
ある程度コントロールはできるようになりました。
しかし、寝ているときは防ぎようがないので、寝てる間が一番苦労します。


早い人で1、2日、長くても2週間で必ず治ると言われましたが、
不安になってきた・・・。


JUGEMテーマ:めまい 立ちくらみ
 


9/4 ライブ終了

9/4 ライブにお越しいただいた皆様、ありがとうございました。
 
それと、ブログに書いたりしなくてスミマセン、
いつも自分にまでお菓子を頂きありがとうございますm(_ _)m
おいしく頂いておりますm(_ _)m


ところで、昨晩からおかしくなりました。
病院に行ったところ良性発作性頭位眩暈症と診断されました。
内容はググって下さい。
もともと具合は色々悪いので、ダブル、トリプルは本当に困るなぁと思ったのですが、良性というくらいですから、治るそうです。よかった・・・。

 昨日はもう疲れきってて眠くて8時半に寝たんですが・・。
それから夜中2時か3時くらいに一旦目が覚め、そのあとなかなか眠れなくて眼をつぶったまま色々考え事をしていました。そうしてしばらく経ち、寝返りを打ったところ(普通の寝返り(左側臥→仰臥))、非常に激しいめまいが!
眼をあけてみると両眼球が勝手に一番右端まで動いた後中央に戻る、という動きが猛スピードで繰り返されているということが分かりました(眼球振盪、略して眼振と言うそう)。初めての経験で非常に恐ろしい。しばらくすると収まりますが、体勢を変える度に発生。
朝になれば治るだろうとたかをくくっていたが→全く良くならず→病院に行って→例の診断。です。

自分は全く知りませんでしたが、めまいの症状としては、誰でも掛かり得る割と一般的なものらしいですね。 頭位眩暈症というくらいなので、頭を全く動かさなければめまいはおきません。
横になれれば楽そうなんですが、自分の場合は三半規管の水平方向の規管が原因らしく(三半規管が3軸あることも初めて知った)、寝ている状態で頭を動かした場合に最もひどい症状が現れます。というわけで、寝ることも出来ない。常に車酔いのような状態でかなり気持ちが悪い。
積極的に薬で治療できるものではなく、症状は徐々に収まるはずなので自然治癒するまで待つしかないらしい。

ちなみにめまいと言うと、フラッとしておっとと危ない、みたいな程度を想像しますがその比でなく、額にバットを当てて全力でグルグル10回まわった後真っ直ぐ走る遊びがあるじゃないですか、それで倒れると地面の方に何度も何度も押し付けられるような引っ張られるような感じになりますよね。
あれくらいグルグルします。気持ち悪くなります。


サッカー日本代表

実はこの記事はサッカー日本代表の敗退が決まった直後に書いたのだが、スペインの話などがあった為、公開するタイミングを逸してしまった。大会が終わった今、改めて。

まずはじめに言っておくが、僕は岡田監督が好きではない。
理由を挙げると長くなり過ぎるので、ずるいようだが省略する。
以上の前提の下に、サッカー日本代表について。
僕も多くの日本人がそうであるように、サッカー日本代表を愛している。
批判でなく提言が目的であるので、是非最後まで目を通して欲しい。

サッカー日本代表はW杯南アフリカ大会でベスト16という望外の結果を残し大会を去ることとなったが、大会直前(最中と言っても良い)に戦い方を変更した監督の判断を、「英断」と持ち上げる向きが多いことに驚く。

岡田監督が就任し、チームを作るために与えられた時間は2年余り。その就任当初より掲げていた自分たちがボールを支配するサッカー(正直に言えばその意気や良し、と思ったが)が通用する、しないを判断するための時間としては十分なものであったろう。
最終的に通用しない、という判断に至った訳だが、このタイミングが何と直前も直前、本大会前最後の試合、コートジボアール戦後!である。情報を全く耳に入れずに初戦を観たので、このチームに何が起きたのか、事態を飲み込むのにかなり時間が掛かった。
本田さんを最前中央に置く実質0トップ、という奇策については直前であればこそのアイディアだったにせよ、堅守速攻型への転換という、チームの方針を根底から覆すその「英断」を何故もっと早く下すことが出来なかったのか。

堅守速までに大きな問題はなく、やはり決定的に足りなかったのは攻の部分だ。これに関しては、監督も皆におまかせといった様子で、任された皆さんも言わばアドリブの掛け合いを披露したに過ぎず、有機的な繋がりの見えるプレーは皆無であった(この意味ではアルゼンチンも同様だが)。後日、個の力が不足していたと話した選手がいたが、だから、だからこそ「繋がり」が大事なのだ。
音楽に例えれば、名プレイヤーによる即興演奏の掛け合いも確かに魅力的だが、より日本代表に相応しいのは、綿密に練られたスコアを舐めるように正確にプレーし、予定された調和を奏でる交響楽団のようなスタイルであると考える。そして楽団にその「繋がり」を与えてやれる、作曲者かつ指揮者たる存在が、他でもない、監督なのである。

せめて韓国戦後に判断し(それでも十分に遅すぎるが)、根拠を伴った攻撃の形を生み出せていれば、それこそ仰る通りのベスト4も十分射程に入ったろうと思う(ベスト8の想定対戦相手08/10型スペインは、こういうチームと相性が悪い)。
余談だが、この「ベスト4」という目標設定にも、世論と逆の意味で非常に強い不快感を感じる。
現実的な目標設定などと聞こえの良い言い方をされるが、戦う前から4番手を目指す戦いなど無価値だ。優勝を目指さずにどうする。優勝を目指して、結果ベスト4に入れば良いではないか。
幸い本田さんが「やるからには優勝を目指す」と発言してくれたので、多少溜飲の下がる思いはした。しかし、この至極当たり前のはずである言葉を「ビッグマウス」と付して伝えてしまう、この国のフットボールを取り巻く環境が、まず変わらなければならないのではないかとも思う。

敗退の後、選手達は口を揃えてもう1試合したかったと話した。アドリブの掛け合いを重ねるうちに、あと少し、ほんの僅かなきっかけさえあれば大きな化学反応が起こせるに違いないという予感(選手によっては確信に近い実感だったかもしれない)があったからに他ならないだろう。
ただし、これは監督が与えた予感でなく、選手達自らが生み出したものであることも、加えて言っておこう。

しかし選手の皆さんは謙遜して力が足りないと言ってましたが、僕からしたら本当に皆さん大したものだと思います。特に松井さん。

最後に。
サッカーに限った話じゃありませんが特にサッカー。
○○ジャパン って言うの、もう止めましょう。
サッカー日本代表でいいじゃないですか。勿論もっと戻って全日本でもいいです。


JUGEMテーマ:ワールドカップ2010/南アフリカW杯 



(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--