2017/08

<< August 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


LINKS

 

 

LATEST ENTRIES

 

CATEGORIES

 

ARCHIVES

 

RECENT COMMENT

 

RECENT TRACKBACK

 

Mobile
qrcode

 

ADMIN

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • -
  • -
  • -
  • このエントリーを含むはてなブックマーク
  • はてなブックマーク - スポンサーサイト


珍しく日常を

本屋に行きたく、某ショッピングセンターに寄りました。
夕飯はフードコートの福泰酒家っていうSCによくあるチェーン店で。

チョイスラーメンとチョイスミニ丼(五目麺と麻婆丼をチョイス)のセットで690円。
安くて量が多くてよい!が、



ラーメンあるんで、スープいらないです・・・
(全部食べましたが)


ラーメンドロップス

JUGEMテーマ:ラーメン

5/5 ライブ@LaLaテラス南千住 はあいにくの雨で時間も短くなってしまいましたが、来てくださった皆さん、ありがとうございましたm(_ _)m 楽器などもどうやら無事な模様です。
5/17 @LaLaガーデン@つくば は晴れるといいですね!


ところで以前ラーメン好きという話をしましたが、
今日お土産にラーメンドロップスなるものを頂きました。



完全にしょっぱい系だと思っていたら、甘いんですわ。これが。

飴ってそもそも、砂糖と水飴を煮て匂いをつけて冷えて固まったやつな訳ですが、
その「匂いをつけて」が、イチゴとかブドウじゃなくて、ラーメンなんですよ。
しかも写真をかなり忠実に再現した、ベースの豚骨醤油系にやや節を効かせたダブルスープ+油。
ですきっと。ありがちなインスタントラーメン的なフレーバーではないところに妙なこだわりを感じます。ちなみに味は、当たり前だけど砂糖の味しかしません。

※参考情報
原材料名: 砂糖・水飴・香料・カラメル色素(原料の一部に大豆を含む)

下さった本人も了解づくなので書きますが、
うまくないというか、はっきりいってマズイです・・・ ごめんね。

これはマズイことをネタにされることを狙って開発された、確信犯的なネタ食品です。
座の盛り上げに一役買うことだけは間違いないので、パーティグッズとして使用すべしです。


うまい輪

JUGEMテーマ:今日のおやつ


※「うまい輪」チーズ味パッケージと、日本屈指のギリギリキャラクターうまえもん(通称)。

東京デ○ズニーランドのお土産お菓子にまで食い込んだ事のある我が地元企業の雄、リスカの「うまい輪」です。これのチーズ味はダントツです。世界で戦えるレベルです。
マイケルもマドンナもロナウドもきっとウマイと言ってくれるはず。

その名の通り、おなじみ「うまい棒」の「輪」版で、「棒」は販売やおきん製造リスカですが、こちらはリスカ単独クレジットですね。大人の事情は分かりません。

いやーしかし、これは棒よりウマイですよ。
こういうのは年齢関係なくウマイですよ。
一口のつもりで食べると確実に一袋いっちゃいます。一棒でとめられない分、より危険であります。
夕食後に一袋は極めて危険であります。


リッチなディナー

JUGEMテーマ:グルメ


といってもこんな感じです。


幸楽苑中華そば + 玉丼セット 724円也。

昨日の夜。おなかが空いていたのでちょっと贅沢に頼んでみました。
幸楽苑は安くってお腹いっぱいになっていいですね。
幸楽苑に限らず、ラーメンは仕込みの手間を思えば考えられない程安いですよね。
いわゆる超有名店、人気店の高価な品物でも、レギュラーで1000円超えることはまず無いですから。
ありがたいことです。

突然ですが、ラーメン好きです。
貧しき者にも富める者にも分け隔てなく幸福をもたらす料理だと思うんですよ。

ほんとにラーメン好きで、生まれて初めて「こんなにウマいものがこの世にあったのか!」ということを実感した食べ物がラーメンだったのもあまりにも衝撃的な出来事だったのでよく覚えています。
ちなみに喫茶店の出前のやつ。たぶん4歳です。
それからたまーにファミレスとかにつれていってもらってもラーメン、ラーメン言ってたので、この点では結構安上がりな子供だったんじゃないかと思います。

さて実は随分前ですが、空前のラーメンブームの頃再びラーメンにはまりまして、いわゆる食べ歩きをかなり意識してやっていた時代が2年位ありました。折りしも理論や付加価値を前面に出すラーメンがどんどん出てくる時代であり、自分もなるほどねぇ−、これは旨いなぁ、いやこれはこの辺がこうイマイチだなぁ、とか色々思いながら、色々なラーメンを食べたものです。

ある日のこと。
土から日の夜まで2日間、部屋から一歩も出ずにほとんど飲まず食わずでびっちり曲をやって(Laguna のではないです)もうほんとフラフラだなぁー、とてもおなか空いたなぁー・・・という状態で、居住市内のフツーのラーメン屋さんに行きました。60くらいのフツーのオジチャンとオバチャンでやってるそれはそれはフツーのラーメン屋さんなんです。
やはりとても空腹だったので、ラーメンと、有名店ではまず食べない餃子と半ライスを注文しました。

これがおいしいんです。尋常じゃなく旨いんです。今まで食べたどのラーメンよりも遥かに!
一番おいしいと感じたラーメンは、無化調だろうが加水率が何パーだろうが○○産の塩だろうが何節だろうが、そんなものに一切の繋がりの無いない所にある、限りなくフツーのラーメンでした。
メーテルリンクの青い鳥のような実話です。

以来食べ歩きは完全にやめました。大事なのはその時旨いと感じるかどうか。原点回帰です。

決して何でもよくなったという意味じゃないので、全然ダメなのが分かってる店に行ったりはしませんが、わざわざ時間をとって有名店に行ったりする事はなくなりました。普段は幸楽苑とかで良いんですよ。安いし。
もっともこの事件のラーメン屋さんは、フツーといってもかなりレベルの高いフツーであることは間違いありません。今でもちょくちょく行きますし、思えば長い付き合いになりました。


8/4 ライブ終わりました & 山椒カルボナーラ2

8/4 日について。
周辺地域でお祭り等色々あったようで、土曜日のLALAガーデンさんにしては、お客さん自体が比較的少なかった感じでしたね(^^;)
集客貢献度が低くて、申し訳なく思っております。
トラブルも色々(途中でレベルがあがったりさがったり、バランスも)ありましたが、なんとか無事ライブをやり遂げることが出来ました。
とても暑い所お越し下さった皆様、本当にありがとうございましたm(_ _)m

さて、前述の自己流カルボナーラ(風)のレシピです。


※パセリが無かったので、山椒+小ねぎにしてみました。


---------------------------------------------------
■材料(2人分)
・スパゲティ 200g (太さはお好みで)
・たまねぎ  1/4コ
・ベーコン  食べたいだけ
・牛乳 200cc (出来れば乳脂肪分が高いもの)
・粉チーズ  思っているよりたくさん(クラフトの緑でよいです)
・卵黄    3個分
・塩     適宜
・黒コショウ 適宜

■調理
/麺
1.固めに麺を茹でておく(推奨最短時間よりさらに1分くらい短い茹で時間をオススメします。茹で汁を少し残しておくこと)

/ソース
1.ベーコンを切る
2.たまねぎをみじん切りにする(可能な限り細かく)
3.フライパンにベーコンを投入し、焼く(好みの焼き加減で)
4.続けてたまねぎを投入し、炒める(良い感じになるまで)
5.続けて牛乳と粉チーズたっぷりを投入し、沸くまで加熱する

/仕上げ
1.フライパンに麺を投入し、ざっと混ぜる
2.火を止める(★非常に重要!!)
3.卵黄を投入し、全体をよく混ぜる
4.茹で汁で濃度を調整する(全く入れないとボソボソになるので注意)
5.塩、黒コショウを投入し、全体をよく混ぜる(好みの量で)

7.皿に盛り付けたら、更に粉チーズをかけて完成!(大量にかけます)
---------------------------------------------------

このレシピは言わば最安編です。。。
ベーコンを良いもの、あるいはパンチェッタを使うとか、牛乳でなくて生クリームを使う、粉チーズはおろしたパルミジャーノを使う等々、状況に応じて材料のクオリティを変えると尚良しですね。
黒コショウを山椒に変えると、例の山椒カルボナーラになりますよ。

結構適当な作り方ですが、味は保証しますよー。


山椒カルボナーラ

料理をするのは好きなので結構作ります(ただし片付けは超ニガテ。)。
その中でもカルボナーラと麻婆豆腐はレシピも固まっている超得意料理なのですが・・。
先日カルボナーラを作ったときの出来事。

カルボナーラと言えば黒コショウが必須ですが、いざ使うという段階で切れていることに気付き、白コショウではいかんなぁと考えた挙句、山椒で(麻婆豆腐用に所持しているミルで挽く粒山椒があるのです)代用してみたところ・・
これが予想以上にウマイ!爽やかな香りが絶妙にマッチ。不思議と漂う柑橘系の香味に、黒コショウのカルボナーラとはまた違った魅力を感じました。
スーパーのうなぎの蒲焼についてくるサラサラに細かく挽かれた山椒では上手くいかないと思いますが、粒山椒をお持ちの方はお試しになってみては。オススメです。
長くなるので、レシピはまた後日。

というか、明日は地元で初ライブ@LALAガーデンつくばです!
天気もくもり/晴れになったようで、カンカン照りよりはよかったかなーと思いますよ。


マイブーム2

ご報告が遅れましたが、
ジャムのブームはとうに去りました。

今この瞬間のマイブームは「じゃがりこチーズ味」です。
カルビーに就職しようかと思うくらいうまかったです。
食べたこと無かった・・・。


仙台牛タン紀行 その4

翌日の仙台は雪という予報でしたが、幸い当日は快晴。
折角なので、日本三景の一つ、松島を観光することにしました。3時間近く滞在しましたが、何度も言いますがとにかく寒くて往生しました。この日の最高気温は4度。関東地方だったら最低気温ですねこれは。
あ、写真はありません…。

さあお昼は「利休」泉中央店へ。こちらでは定番の定食ではなく、アメリカ産「極たん」的なメニュー(名前忘れました)を頂くことに。なんでも仙台の牛タン文化はアメリカ産が正道なのですが、アメリカ産が入手しづらい現状では仕方なくオージーで代替なんだそうです。ということで、折角ですからアメリカ産を。



極厚です。
牛タン独特の歯ごたえがありながらも柔らかい、という不思議な食感です。ザックリと歯を入れると旨みが染み出てきて美味しいは美味しいです。吉野家が牛丼を一時止めた時に、社長が言っていた意味がなんとなくわかりました。確かにアメリカ牛というのは飼料が違うためか、オージーと脂質が違いますね。良く言えば脂がのっている様に感じる。悪く言えば脂っぽい様に感じる。これも完全に好みですね。ご馳走様でした。


帰路に着きます。
ベガルタホーム、ユアテックスタジアムの横を通りました。ヴェルディを迎えてのホームゲームの真っ最中ということで、スタジアムの外まで熱気が伝わってきましたよ。



東北道の途中で雪が!
今シーズン初の雪を思わぬところで拝むことになりましたが、無事帰宅しました。
とても楽しかったし、牛タンを堪能もしましたが、これで仙台の牛タンの底を見たと言えるはずもありません。むしろ、まだまだ先があるはず、との思いを一層強くしました。ぜひいつかまた訪れたいと思います。

おしまい。


仙台牛タン紀行 その3

折角遥々仙台まで来たのに全く観光をしないというのもどうかと思いましたので、市内の観光地、仙台城址(青葉城)に行ってみました。


伊達政宗像です。立派です。
天守閣はもちろんありませんが、かつて城であった雰囲気を存分に残していて、想像していたより楽しむことができました。しかしとても寒かったです・・。



夜になりました。写真は仙台駅前ですがとても寒い!
晩餐はビールと牛タンでゆっくり、と決めていましたので、駅近くの「牛たんダイニングべこ政宗中央一丁目店」へ。仙台の牛タン屋の趣とは一線を画すオシャレダイニングバー形態のお店です。お通しは牛タンの握り寿司でした(写真忘れました)。生の牛タンはもちろん初めての経験でしたが、不思議な食感でしたね。例えるなら貝っぽいような感じです。味はほとんどしませんでした(汗)肝心要の牛タン焼きも、ちょっとうーん・・・?という感じでしたが、串焼き他メニューが充実していたので、牛タン抜きでも十分楽しめましたよ。




何度も書きますが、やはり東北は寒い!甘く見て薄着で行ったのも災いし、えらい目にあいました。とりあえずマフラーは必携ですね。まあ道行く地元の方々はみんな薄着で平気な顔していましたが・・。
次回へ続く。


仙台牛タン紀行 その2


早速やってまいりました。到着後まもなく14:00ごろ、一軒目「旨味太助」です。太助の名の付く仙台の牛タン店は「元祖」「本家」「分家」とややこしいことになっているようですが・・、少々下調べはしてきましたからね。迷わず入店です。
店内は居酒屋風のたたずまい。カウンターに座って定食を注文すると、おもむろに目の前の網の上に牛タンがどんどんのせられていきます。この一枚一枚ビラッビラッと広げられていく様子が独特ですね。さあそうこうしている間に炭火の火力であっという間に焼きあがりましたよ。
目の前のカウンター席も非常に暑いです。


来ました。念願の牛タン定食です。さすがの厚さですねー。焼肉屋のタン塩の存在意義を真っ向から否定しかねない厚さです。口にすると正に「噛み締める」といった具合の歯ごたえが楽しめます。味(塩味)は僕的には良い感触でしたが、若干薄めなのかな?この辺は好みでしょうか。とりあえず堪能。
おいしかったです。
しかし、まだ何か納得できないところがあるのも確か。想定の範囲内というべきか・・。仙台の牛タンの実力はまだまだこんなものではないはずだ!
ということで次回に続く。



(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--